中小企業のパソコン活用・ITビジネスを応援します!






 紹介コーナー > グラスリッツェン体験記


(有)ドゥ・ステップ主催「グラスリッツェン体験講座」を受講して

 ★グラスリッツェンとは・・・
 
  ダイヤモンドペンを使ってガラス器に
  モノトーンの輝きを描き出すヨーロッパの
  伝統工芸です。

  ワイングラスにイニシャルを、ガラス器に
  花柄やオリジナル柄を・・・自分だけの
  オリジナル作品を作ってみませんか。
  「グラスリッツェン体験講座」に参加して、ガラス器にバラの小花を描きました。

★グラスリッツェンの作品ができるまで・・・・
グラスリッツェン風景(只今作成中)
園尾先生にお手本を見せていただきました。
1.ガラスに油性ペンで下絵を描きます
    図柄を描いた紙をガラスの下(向こう側)に
    あてて上から写せばOK!


2.電動ルーターで輪郭を彫ります
    輪郭を彫ったら油性ペンの下絵は中性
    洗剤を薄めた液で消します。


3.あとはじっくり彫ります
    ダイヤモンド針も極細三角、小丸、太丸と
    種類があります。彫る部位により針を変え
    彫り上げます。

★私の感想・・・

  ひとつひとつの作業を丁寧に教えていただき、とても楽しく
  進めることができました。
  また、何も考えず彫ることに集中していると、とても気持ちが
  落ち着くことも発見しました。
  私は「電動ルーター」を買い、家でも気軽に楽しんでいます。
  今回、グラスリッツェンを教えていただいた園尾美子先生のご協力により、
  グラスリッツェンの素晴らしい作品の数々をここにご紹介します。
   「グラスリッツェン作品展」をご覧ください!

グラスリッツェン作品展



Copyright(C) 2007 Yoshie Yamamoto All Rights Reserved.