希望の木

中小企業のIT広場

中小企業におけるパソコン活用、ITビジネスを応援します!
パソコンサポート&コンサルティング 山本 美江

はじめに

パソコンのサポート&コンサルティングをしている山本と申します。中小企業におけるパソコン・IT 活用の推進を目指し、パソコン指導、ホームページ開設支援、Accessによるデータベース構築などの仕事に携わっています。

インターネットが普及しIT技術が進歩した今、様々なサービスを利用すれば費用をかけず自社をアピールし、集客や売上に繋げることができます。また、 市販の業務ソフトを活用すれば、煩雑な業務処理も効率化し、コストの削減に役立ちます。

企業の業績を上げるには、売上を上げることと、業務効率アップによるコスト削減が重要なポイントになります。ここでは、この2つの観点から様々なサービスと活用の工夫をご紹介します。

資源の少ない小規模企業こそ、ITをうまく活用し、経営に活かして欲しいと願っています。


商店街の人々

<IT活用で集客・売上アップ>

1.ホームページ開設

インターネットが普及した今、人々はあらゆるものを探す際にネット検索を利用します。インターネット上では、ホームページがなければお店(会社)自体存在しないに等しいのです。

ということは、ホームページさえあれば、全国的に見てもらうチャンスがあるということです。ホームページには自社のアピールしたい内容を掲載します。でも注意してください。提供者の目線で紹介するのではなく、あくまで検索者の目線で紹介します。「どんなモノを欲しいと思っているのか」「これを使うとどんなメリットがあるか」とお客様にとって有意義な情報を掲載することが大切です。

今では、専門的な知識がなくても見栄えの良いホームページが作成できるサービスがあります。その中のひとつ「はじめてWEB」をご紹介します。小規模向けのホームページ作成サービスで、「Jimdo」というHP作成ツールを利用しています。

初年度は Jimdo Pro の使用料および自社ドメイン名取得が無料になり、2年目以降継続利用の場合は更新手続き(月額 945円)が必要です。ホームページの構想を練ったうえで、ぜひチャレンジしてください。心細ければお手伝いします!



2.ブログで情報発信

ブログを利用したことはありますか?

ブログは無料で誰でも開設でき、情報発信に最適なツールです。ブログを投稿するとそのタイトル情報が一斉送信されるため、投稿した時はアクセスが増えるので、興味を持った人を集めることができます。また、ブログの記事は検索性にも優れているので、集客に適しています。

ブログの記事に、「詳しくはこちらをご覧ください」と記載し、自社ホームページへ飛ぶリンクを張ることで、興味のある人を自社ホームページに誘導することができます。ホームページを開設しただけではあまりアクセスが増えませんが、ブログとの連携で効果的に集客することができます。

また、ホームページには固定的な情報を記載し、それ以外の商品の魅力やこだわりなど、ホームページに掲載しきれなかった情報をこまめに発信することでブログ自体のアクセスも増え相乗効果が得られます。


3.ネットショップで販売

ネットショップを開設することで、全国に向け商品を販売することができます。ネットショップ機能を持つレンタルサーバーを利用すれば、ネット上で商品を展示し、24時間、365日 注文を受けることができます。また、サーバーのショップ機能により、さまざまな決済方法も選択でき、受注管理や顧客管理もでき、とても便利です。

どこでも購入できる定番商品は価格競争となり、大手ネットショップにかないませんが、 こだわりを持った商品、独創的な商品、ここでしか買えない商品は、ネットショップに適しています。そんな商品を扱っていたらぜひ検討してみてください。

前項で紹介したホームページ作成サービス「はじめてWEB」でもネットショップが開設できますが、掲載商品数に制限があるので、必ず事前に確認してください。


ネットでお気に入り商品を購入し喜んでいる家族


<パソコンで業務効率アップ>

1.業務用ソフトの活用

業績が上がれば、業務処理も増えます。 定型業務には市販の業務用ソフトの活用をおすすめします。

「財務会計」と「給与計算」は、一般企業であれば処理が同じなので、導入しやすいと思います。「販売管理」は単体でも利用できますが、「仕入・在庫管理」と組み合わせることもできます。また、販売管理は基幹業務であり業種やその企業により特殊な処理をしている場合があるので、うまく工夫して導入しましょう。

請求書に追われ苦労する女性社員
業務ソフトに関しては各メーカーのホームページを参考にしてください。

ソフトの選択、導入作業に不安があれば、導入をお手伝いします。



2.Accessによる自社システム構築

市販のソフトで処理できない業務、特殊な業務があり、処理に時間がかかって仕方ないということはありませんか?

Access は、Microsoft Office のデータベースソフトです。MicrosoftのソフトというとExcelが業務でよく使われていますが、大量のデータを処理する場合、最終的な帳票を自社で作成したい場合には、Accessの利用を検討してください。

Excelで苦労して複雑な処理をするより、Accessを利用する方が効率的です。Accessで自社システムを構築する場合、最初の構築時に費用がかかりますが、構築後の事務処理の軽減を考えれば、検討の価値はあると思います。まずは、Access を知るところから始めてください。

東京商工会議所江戸川支部で、Accessの講習会を開催しています。



3.Word、Excelの有効活用

身の回りには様々な資料作成の場面があります。同じ表を作成するのであれば、社内で統一し、だれでも参照できるようにすることで、データの統一、一元化を図ることができます。

Word、Excelなど、Officeソフトを使う場合には、ソフトを理解し正しく使うことが重要です。個人に任せ間違った使い方をしていたり、各々が独自な使い方をしていては、かえって効率化を妨げることになります。個人に任せるのではなく、企業として有効活用するよう検討することが大切です。

パソコンは便利です。業務効率アップには欠かせません。それだけに、ソフトの選択は重要なポイントになります。業務に合ったソフトを使い、社員のみなさんが楽になることを願っています。パソコン講習会を通し、社員の皆さんのパソコン習得のお手伝いをしています。


パソコンを有効活用してみんな楽になった様子

4.企業向けパソコン講習会

私は企業におけるパソコン活用の推進を目指し、2001年から東京商工会議所江戸川支部でパソコン講習会を開催させていただいています。

ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス、業務に欠かせないこれらのソフトを正しく習得し、活用していただきたいと考えています。講座の内容も決して高度なものではなく、初心者でも理解できるところから、実際に仕事に活用できることを考慮しています。

初心者の方にも、自己流で使っている方にも、そしてパソコンを使っていない管理者の方にも、ぜひ受講していただきたいと願っています。そして、業務のヒントになれば幸いです。

詳しくは、東京商工会議所江戸川支部のホームページをご覧ください。